オニツカタイガーのスニーカーなら

オニツカタイガー コルセア

オニツカタイガーの「コルセア」シリーズ。

 

 

 

このシリーズはアシックスのライバル会社「ナイキ」との因縁があります。

 

 

 

1960年代、オニツカタイガー社はアメリカのブルーリボンスポーツ社と輸入販売代理業務を結んでいました。

 

両社は良好な関係を結んでおり、アメリカでのオニツカタイガーブランドのスニーカー販売は拡大していきました。

 

販売代理だけではなく、新しいスニーカーを共同開発することも手がけていきます。

 

 

アメリカ用にクッション性を増した”Cortez【コルテッツ】”などを発売し、爆発的な人気となります。

 

 

 

 

 

 

そして1971年。

 

 

ブルーリボンスポーツ社はオニツカタイガーとの取引を停止し、自社ブランドを立ち上げます。

 

 

これが「NIKE」です。

 

 

 

このときに「コルテッツ」の商品名の使用に関してOnitsuka Tiger【オニツカタイガー】を告訴します。

 

「NIKE」側の勝利となり、オニツカタイガーは和解金2億円を支払い、「コルテッツ」は「NIKE」のブランド名となりました。

 

 

 

 

 

その後オニツカタイガーは商品名をTIGER CORSAIR【タイガー・コルセア】に変更し、現在でも人気ブランドとして販売されています。

 

 

 

つまり、「NIKE」の「コルテッツ」と「オニツカタイガー」の「コルセア」は双子の兄弟ブランドなのですね。

 

 

 

このコルセアシリーズは軽量かつクッション性に富んだランニングスニーカーというコンセプトです。

 

 

 

⇒オニツカタイガー・コルセアを見てみる。

 

 

 

⇒ナイキ・コルテッツを見てみる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


オニツカタイガー コルセア記事一覧

オニツカタイガー コルセア VIN ヴィンテージ

オニツカタイガー コルセア VIN ヴィンテージ1969年に「アメリカ」で販売。70年代におけるジョギングブームの原点になったモデルが「CORSAIR(コルセア)」です。その「CORSAIR」の特徴を現代風にデザインしたのが「TIGER CORSAIR VIN」です。発売当時靴型をベースにした細身の...

≫続きを読む

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク


コルセア メキシコ66 メキシコ・ミッドランナー セラーノ スリッポン